ねずみ駆除の代表的な方法をチェックしよう

厄介なねずみを駆除しよう

建物に住み着いてしまったら甚大な被害を出してしまうねずみですが、ねずみを追い出すためにも駆除を行なう必要があります。基本的にねずみ駆除と言えば業者に依頼する、自分で対応するといった2つの方法がありますが、どっちが確実に駆除出来るか見てみましょう。

どっちが確実に駆除できる?下記の方法を比較しよう

業者に依頼する

ねずみ駆除を業者に依頼する場合、侵入経路を特定することも出来るので駆除及びねずみの根絶に期待が持てます。捕獲や追い出し、忌避剤など様々な駆除方法を持っているので安心して任せることが出来るでしょう。

自分で駆除する

自分でねずみ駆除をしていく場合、市販の捕獲シートや薬剤の購入をしていく必要があります。素人目ではねずみがどこにいるか、進入路の特定が難しいので半永久的に駆除をしていく恐れがあるので要注意です。

ねずみ駆除の代表的な方法をチェックしよう

ねずみ

ねずみの捕獲

ねずみ駆除の方法に捕獲があります。粘着シートや捕獲用のケースを用いてねずみを捕獲していくでしょう。粘着シートを使用する場合はねずみが普段通っている道を把握していかないと意味がないので、業者の力が必要です。

薬剤を使用する

直接ねずみに向かって薬剤を吹きかけるのは難しいので、毒餌などを使ってねずみを駆除していきます。毒餌は設置するだけでねずみが勝手に食べてくれるので便利でしょう。なお、毒餌を食べたねずみの死骸を放置していると腐敗して新たな被害となってしまうので、処理もしてくれる業者に任せていくことですよ。

駆除されるねずみの種類

ドブネズミ

ねずみ駆除の対象となる種類の中でも大きいのが「ドブネズミ」です。大きくて26センチ近くまで成長します。下水や台所などに生息していることが多く、都市部でもよく見かけるでしょう。狂暴な性質のため、早めの駆除が肝心です。

クマネズミ

天井裏や高層ビルなど高いところを好むのが「クマネズミ」になります。体長は15センチ~24センチとそこまで大きくはないです。クマネズミは警戒心が非常に強いねずみなので、業者に任せて確実に駆除していきましょう。

ハツカネズミ

被害を与えてしまうねずみの中でも特に小型で物置や倉庫に生息するのが「ハツカネズミ」です。身体が小さい分、住宅に侵入しやすいです。また、繁殖力が強いので確実に駆除をしないと数が増えていく一方なので注意が必要でしょう。

広告募集中